スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾中国語翻訳

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

遅れた~~~

 2010-04-09
1分18秒、納期に遅れた~~~。
いえ、ふらふらくねくねしていたワタシが悪いのですけれど。
朝からレンジの大掃除したりしてたし。いつもやらんのに何で今日なんだ?

大きな仕事であれば、納期の1~2日前に翻訳を終え、その残りの1~2日で見直し。小さな案件だと前日までに翻訳して納期当日の朝に見直します。
これができるのも、日本との時差のおかげ。
この間まで2時間時差だったので、見直しも余裕だったのですが、夏時間が終わったので1時間になったのねん。
いかん、気を引き締めよう!ぴしっといくぞ!
ぱん!ぱんっ!(ほっぺた叩いている音)

写真は耳がたったルイ。
毎日、数々の悪さをするので、何をして怒った時の写真が忘れましたけれど。
ほんの2,3日前のことなのに、老化は進むよ、ずんずんと。

2010-04-05 005

2010-04-05 007

2010-04-05 008


スポンサーサイト

[PR] 台湾中国語翻訳

カテゴリ :翻訳 トラックバック(-) コメント(0)

綱渡り

 2009-08-29
一昨日の「とてもわかりやすい」に書いた「明日の6時まで」の案件。
早めに4時頃上げたんですよ。
お盆も過ぎて体調も万全でのりのりで。

納品して10分ほどしてコーディネータさんから「ありがとうございます+お伺い」のメールが!
あらあ、またお仕事ぉ?売れっ子はつらいわねん(ウソ)なんて思いながら読んでみたら!!!

「PPTの翻訳はいかがでしょうか。お待ちしております」

ななんと!!!
参考資料だと思っていた(思いこんでいた)PPTも翻訳対象とな!

完璧に私のミスです。いつもだとしつこいぐらいに依頼書を読み返すのに(小心者だから)。

正直に読み間違えたことを告白して、今しばらくお待ちをとメールを送り。
必死のパッチ(太古)ですよ。
本来の納品時間である6時の10分前に無事に納品。
結構字数が多く、もうあかんかと思いましたけれど。

そして、先日から書いている先生の翻訳のプルーフリードが昨日6時に戻ってきました。ほっ。
プルーフリーダー、ありがとう!
とりあえず28日という最終納品日を死守してくれたようです。
夕飯を食べてから、じっくりと見直して成形し、先生に納品。
いつもお返事が遅い先生ですが、今回は直ぐに受領の返事が来たと言うことはドキドキされていたんでしょうね。
よかったよかった、ということで、綱渡りした私をいたわるためにワインを飲みました。

今日はタミーちゃんの誕生日だし、今日もワインを飲むつもりですが、なにか?

[PR] 台湾中国語翻訳

カテゴリ :翻訳 トラックバック(-) コメント(0)

とてもわかりやすい

 2009-08-26
おそらくお盆明けの仕事始めは17日。
そこから仕事を開始して原稿を作成して、上(上司または教授)からの許可をもらって。

先週金曜日より発注の嵐ですけれど。
そしてなぜか急ぎの仕事多し。

今日もお昼前に受注、夕方納品という。
でもって、その後に来たのが明日のお昼まで。
そして、その後が明日の6時まで。
次に来たのは納期の余裕あり。分量多いしね。
あまりに集中しすぎて、「眼」から「心臓」へと頭の切り替えができないので今日はこれまでにします。

そこの君、どいてくれんと仕事ができないのよ。

2009-08-14 010
数日前の写真ですが、本当におしりがキーボードの上に乗っかってるのです。
気持ちが悪いのかおしりが浮いているので実害無し。

そこの君、ワタシの脚から離れなさい。

2009-08-14 015
仕事ちうというておるのに、だっこせよとな?
あかん、却下。

そこの君、それは6+1兄弟のおかんからもらったおもちゃ。タミーちゃんにあげたのだから壊さないでね。
2009-08-14 018
現在、ナースの手当を待っています。

[PR] 台湾中国語翻訳

カテゴリ :翻訳 トラックバック(-) コメント(2)

余裕

 2009-08-25
昨日は肝が冷えました。
8月はスローな季節なので仕事があふれてということは例年ありませんが。

それでも焦るのはイヤなので、著者の先生には8月14日までには全ての原稿くださいね、と念を押しておいたのに。それも7月の半ばに。
8月始めに第1弾を送って14日には最終送ります!と力強く宣言されていましたが。

原稿第1弾が来たのは19日!!!
残りは21日の夜には送りますからとおっしゃっていたのに、来たのは22日のお昼!!!
それも残りの半分のみ!!!
その残りの半分は23日の朝には送るといっていたのに来ず!!!
来たのは24日(昨日)のお昼!!!

!!!マーク多すぎ(笑)。

プルーフリーダーに渡す約束は24日のお昼。
どないしますのん。
先生に戻す予定は28日なので、24日には翻訳送ってねといわれていたのに。
プルーフリーダーには、死ぬ気で今日(24日)の6時までには送るから。できなくても25日の朝一には送るから、と伝えると。
ボクの方も28日の夜にはあげるようにするよ。できなかったら29日(土)の朝にはあげるからね、と。

先生、みんな一生懸命ですよ。是非、講演を成功させてください。そして毎年2回といわず、もっといっぱい英語で講演してお仕事くださいね。あ、でも次からはもっと早く原稿上げてね(笑)。

翻訳は昨日の5時にはプルーフリーダーへ。こちとらプロですから。二言はありません。

前だったらね、ものすごくイライラしていたと思うのです。
でも、今回は不思議になかったですね。一皮むけたのでしょうか。アラフィフなのに。遅すぎますね。
7月ぐらいから、身体も気持ちもスローになってしまって、未だにそこから抜けさせてはいないのですが、一つ、今更ですが悟ったことがあります。

物理的な時間はどれだけあがいても縮めることはできないこと。イライラしても、5分かかるものは5分かかるのです。
きーっとなっても時間はかかる。

気になることがあって、このごろネットでサーチ三昧ですが、気がつくと2時間も情報を探し求めていることがあります。これは本当に必要なこと?と以前のワタシだったら、終わってからイライラしたと思うのです。
いいのです。必要でなくても。
いいじゃないですか。時間の無駄遣いしても。
(といっても、その2時間あったら他のことができるのに、と後悔していますけれど)

時間やその他、無駄のないようにと、恐らく生まれてからずっと務めてきたように思います。すこしずつ、自分で自分をはめ込んだ枠を、今更ながらですけれど、取り外していこうと思っています。

写真は、ベッドの上に上がるという無駄なことを止めたタミーさん(ベッドに上がる台としておいた衣装ケースの上です)。

2009-08-17 001


[PR] 台湾中国語翻訳

カテゴリ :翻訳 トラックバック(-) コメント(2)

がんがん

 2009-06-22
長丁場の仕事がもうすぐ終わる、というところで、受注ストップをお願いしていた会社さんから本日論文英訳のお仕事の問い合わせが。
いや、22日までストップさせてください、とお願いしていたのですが、律儀にきっちりとその日に合わせてお仕事をくださいました。

しか~し、仕事終わってない。とほほ。
米国人著者からのストライクゾーンの仕事だからと思っていたのですが*、中身を開けてみると、なんだこりゃあの2乗!
文法ぶっちぎり!!!
10行ぐらい、ワケわからんご自分の規則でつながった文章があるかと思ったら(名詞と名詞がそれも定冠詞、不定冠詞付きでずらずらとというのもあったな)、次の文章はSVOだけとか。

そして、なんと、内容の間違いをはけーん。A方法とB方法があるのですが、逆に書いているよ。どうするのよ、これ。教科書用らしいのですけれど。

偉い先生(?)の本って内容を見直さないのでしょうか?書き屋さんが書いたようには到底思えない文章なのですが(ところが、Legendはとってもまともな英語)。
そして、文法や誤字脱字(というのか?)は出版社は見直さないの?

最初の頃は、1日8枚ぐらいしかできず、泣きたくなりましたけれど。調子が出てきたのは1週間過ぎた頃から。本当に苦しかった。まあ、ストライクゾーンといっても外角すれすれで、変化球のところは機械工学だったし。

ということで、後1日分訳すところを残し、論文英訳を開始します。終わったら残りの1日分訳して、4日ぐらいかけて徹底的に見直しながら翻訳者ノートを作る予定。
そんなにかける必要ない?いえいえ、きっちり最後まで責任を持ってやっておかないと。

それにね、半日ぐらい年度末のバーゲンに行きたいのです(笑)。


*といっても、もちろん準備に3日ぐらい時間をかけました。

[PR] 台湾中国語翻訳

カテゴリ :翻訳 トラックバック(-) コメント(0)

そのサービスは有料か無料か

 2008-09-09
仕事のことは追記に書こうと決めていたのですが。

海外投稿の場合、これは掲載可ということでアクセプトされた論文は2~3名(大概2名)のレビューワーから厳しい審査+コメントが付けられて戻されてきます。
著者はそれに基づき訂正、追加、修正して再度提出。それで良ければめでたくジャーナルに掲載される、という運びになります。

レビューワーのコメントは非常に厳しく、なかなかその意図がつかめないこともあります。レビューワーが非英語圏の方であると言うだけではなく、やはり専門を極めた方たちなので、かなり細かいんです。そのため、著者の先生から、はっきりと明確に理解したいためという理由で翻訳の依頼が翻訳会社経由であることがあります。

先日もそういう依頼がありました。
私は専門家ではないので、このようにも考えられる、という選択肢をいくつか付けたり、レビューワーの言葉の足らないところは、参考にいただいた論文を読み返し、ネットで似た論文を片っ端から読んで。まるでレポートのように仕上げて納品しました。

元クラの先生はとても喜んでくださったと言うことで、翻訳会社さんもとても喜んでくださいました。
そうかそうか、それは良かったと。

しかし、支払われた代金は、翻訳をした部分にのみに対するものだけでした。
当然といえば当然です。私がやったことは、翻訳以上のことで、翻訳会社からの依頼書には、「先生が書かれていることをきっちりと理解したい」ということが書かれていただけですから。

つまり、このサービスは暗黙の了解の上で無料だったんですねえ。
お節介だった、余計なことだったとは思いません。必要なことだったと思います。でないと、翻訳しただけでは、著者の先生のご要望に添えませんから。
でも、なんとなく、力が抜けるような。

ま、いいってことにしておきます。

これも無料のサービスです。タミーちゃんのセクシーショット。

2008-09-08 002
大ザルのベッドで寝るタミー。

大ザルに話しに行くと、
2008-09-08 003
うーん、なにかしら?

2008-09-08 010
ね、あなた、おばさんが来てるわよ。

そうかよ、そうかよ。おばさんかよ(爆)。





[PR] 台湾中国語翻訳

カテゴリ :翻訳 トラックバック(-) コメント(4)

変化

 2008-08-16
北京オリンピック真っ最中。
シドニーオリンピックは良く覚えているけれど、時差の関係かほとんど見なかったアテネをすっとばしていて。
1年、いや、4年があっという間にすぎていくのを本当に実感。
それだけ変化のない毎日なのかもしれません。

でも、

IMG_05601.jpg
2005年4月半ばのこれが(3ヶ月)

2008-07-28 051
現在のこれに(3歳半)。

IMG_2421.jpg
2006年10月1日のこれが(レスキューから来た日。1歳ちょっとです)

2008-01-26 041
現在のこれに(2歳半の時の写真)。

2008-01-28 001

2008-01-23 026
今年の1月のこれが(4ヶ月)

2008-06-17 014
現在のこれに(10ヶ月)。

それなりの変化があったんですねえ。

ところで、

会計年度を終わり、年収を計算したところ、昨年度と比較して100万円の減収。
1年のうちに2回も海外旅行に出かけたし。年末、ある案件で非常に苦しみ(嫌いな分野のため)、2月には三叉神経痛かと思える顎痛に悩まされ。一番の稼ぎ時なのに、3月より夕飯を作る前に仕事を終えるを実践して来た結果ともいえますね。

お休みは、1月、4月と6月以外は週1ぐらいで休めましたが、ほとんどが1日あるかないか。(たまに残業することがありましたが)6時30分までに仕事を終えても、土曜日も日曜日もなく働くのもちょっとしんどいかな、とも。ぜいたくかな。

始めた頃は、医学歯学だけだったのです。
でも、英訳を手がけるようになり、最初は論文が多かったのに、今や薬がどーんと増えました。
翻訳を始めた頃は、薬は苦手なので、とお断りさせてもらっていたのにね。
2年前に薬関係で2ヶ月以上にわたる大きな仕事をしてからは、自分の意志に関係なく手がける分野ががらっと様相が変わってしまいました(実際、その仕事のフォローアップを未だに手がけています)。

クライアントも長い間の念願通り、絞りつつあります。やっと、ある1社をメインクライアントすることができ、ある学会団体の論文やプレゼンの仕事は独占することができるようになりました。
後は、3,4社で色々と調整していける感じです。
おかげでスケジュール管理が楽になりました。ダブルブッキングもなくなったし、無理なスケジュールでいらいらいすることもなくなりました。

英訳はちょっとと断り続けていたのに、数年前から和訳よりも英訳の方(うまい下手は別として)を多く手がけるようになったのは、

日本語が好きで行間を読んだり、言葉を換えてみたり、意味を解明したりするのが好きだから。そして理系の頭にとって英語の組み立てが理路整然としていて好きだから、なのかもしれません。

30代、40代前半まで、人間のどろどろや仕事のどろどろなど、激流のど真ん中に踏ん張って突っ立っていたせいか、これ以上の変化を好まずなんですが。

今後は、どうぞ、幸せな変化だけが来ますように。


[PR] 台湾中国語翻訳

カテゴリ :翻訳 トラックバック(-) コメント(8)

報酬は寿司

 2008-07-12
友人からまたまたお騒がせな依頼。
1年半前にアクセプトされていた原稿に校正依頼も何もないので問い合わせてくれと。

1年半前の原稿ですか?
世界中から色々な原稿が送られてくるのに、1年半も前の原稿について覚えている人なんて誰もいないと思うけれど。

しかし、本人は、せっかくアクセプトされているのに「もったいない」という。
だったら、なんで1年半も放置するよ?

報酬は今度の帰国の時に寿司をおごるとのこと。
寿司?
特上とかいってんじゃないよね?
寿司懐石とか寿司なんたらコースでないとゆるさんからね!!!

以前の報酬は「日本で7番目においしい寿司屋さんの寿司コース」だったんですけれど。今回は日本で3本の指にはいる寿司屋さんの寿司コースをお願いしますっ。

で、庶民の夜ご飯は?

2008-07-12 023

ビビンパです。ビビンではなくビビンですから。

卵が焼き過ぎなのは、アレルギーで火が完全に通ってない卵を食べられないと言うこともあるんですが。
いいえっ。正直に言いますと、他のことをしていて火が通りすぎた性ですっ。

うちのビビンパは、お肉も少し乗っけています。
他は、もやしとほうれん草のナムル。そしてキムチ。
今日もおいしくいただきました(副菜は豆腐の煮物と豆のニンニク醤油炒めです)。


[PR] 台湾中国語翻訳

カテゴリ :翻訳 トラックバック(-) コメント(0)

便利な時代

 2008-07-03
ほんの数年前まで(たぶん、4年前)は、海外に住んでいるからということで大きなファイルの仕事は受けることはできませんでした。
宅配便で送ってもその日には届きませんものね。
営業時間が終わってから延々と送られてくるファクス(当時はご苦労様でした)や今回のファイルはCDにはいっているのでそちらまで送れず他の方に、ということも多々ありでしたが。

今はどうじゃ。
今更なことを言いますが、無料で大容量のファイルを送ることができるんですものね。本当に便利になりました。

そういえば、延々と送られてくるファクスの紙も感熱紙だったなあ。そんでもってスキャナにかけてOCRなんてことも、本当にほんのちょっと前からです。

ところで、価格破壊なんて言葉は死語になっているほど当たり前のことかもしれませんが。

先日、通訳者の友人(豪在住)と話す機会がありまして。
彼女は、通訳の大学院まで出た方ですが、仕事がないそうです。
翻訳と違い、実際に出かけていき、の通訳の仕事。
以前から活躍されている3羽ガラスがまだまだ現役でバリバリとされているのと、新しく人がいっぱい参入してきたため(移民政策も一役買っていると思われ)、仕事の取り合いだそうな。

日本と違い、景気が良いとはいえ、こちらで行われるフォーラムや会議の数は知れています。仕事が少ないんですね。そういうお堅い仕事だけではなくって、観光の仕事も減っているし。

その大学院出の彼女でも時間給50ドル(安いと思いますが)で仕事を請け負っているのに、新しく参入した人は20ドルで受けるそうな。

20ドルって、給料の高いこの国では簡単な仕事でも数年やれば得られる時給です。

この団体が新しく導入したシステムで2007年1月以降にNAATIを取得した人は、毎年、自分の実績(それもノルマがある)を証拠をつけてこの団体に提出しなければならなくなったことも関係しているのではないかと。

いやな言い方ですが、永住権ねらいでNAATIを受ける方はほとんどが翻訳ですが、今後、ますます色々な規制が出てくるのではないかという話です。

ほんと、規制したいのか、それともお金が欲しいのか。みっともない動きをしていますね。



[PR] 台湾中国語翻訳

カテゴリ :翻訳 トラックバック(-) コメント(0)

バランス

 2008-06-28
撮った写真を取り込もうとしたら、電池残量がありませんとの表示。
電池だとやはり切れるの早いなあ、ニコン。その点、オリンパスのは同じ電池使用でもかなり撮れたんですけれどね。
めんどくさくってこのごろニコンだけを使っていましたが、オリンパスもスタンバイさせておこうっと。
(実は、アレルギーもあるんですが、目がとっても見えにくく、ピントが合わないんですよ、ニコン)

仕事はいやにならない程度に細々とやっています。今週末もお休みとれるかと思ったのですが、無理みたい。月曜にまた外出しなければならないので、やらねばならぬ(笑)。

やっぱりね、色々とバランスが悪いんですよ。

少し空きがあったので、取引をお断りしようと思っていた会社さんの仕事を入れてしまったんですけれどね。何でも一律料金で仕事をとってくるという方針が・・・ね。
営業さんが内容がわからないのは仕方がないといえば仕方ないですけれど、同じ分野での営業やコーディネータの経験年数が長くなるとわかると思うんですよね。Aという仕事とBという仕事の難易度の違いが。

でも、そういうことをいっていたら仕事は取れないと*。わかってます。
だから、自分でバランスをとらないといけないんですよね。

もういっちょ、バランスといえば、資料を買ったのですが。高いんですよ、本当に。
自分の収入に見合わないんじゃないかと思えるぐらい。
以前に比べて購入する頻度は減りましたけれど、本代だけで年間50万円を超えるというのはバランスが悪すぎです。他に経費がないからそれはそれで良いんですけれど。
本代払うために働く、って、逆じゃないかと。

ま、いろいろありますわね。

*難易度別に料金を決めている会社さんもあります。

[PR] 台湾中国語翻訳

カテゴリ :翻訳 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
[New!] お知らせ
「身体のこと」というカテゴリーを作りました。

プロフィール

kaorinsydney

Author:kaorinsydney
フリーランスの医歯薬学専門翻訳者(英日&日英)です。シドニー在住。

Louie:2005年2月15日生まれ
Puggle(パグとジャックラッセルのクロス、ex♂)

Tammy:2005年8月29日生まれ(らしい)
ケルピーとsomethingのミックス、レスキュー出身(ex♀)

Ali:2007年10月19日生まれ
Puggle(パグとビーグルのクロス、ex♂)

最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。