スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾中国語翻訳

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

記憶力

 2010-06-01
今日の昼休憩に、ルイの好きな(笑)アメリカのDr.Phil(心理学者)の番組を見ていたら。
記憶力を改善するためには、食べ物、運動、そして脳のトレーニングをすること、と紹介されていました。

4168GYTXrAL__SL500_AA300_.jpg

BrainPower Game Plan(翻訳はでてるのかしら?)

30代と思われる女性がモデルででていましたが、なんでも直ぐに忘れてしまう。子供を車から出したかな?と思っていたらまだ車の中だったというひどい状態だったのですが、その紹介された方法でたった6週間で記憶力を21%も改善したそうな。

食事は覚えているところだけですけれど(番組が終わってからあわててメモを起こしたので)。
まず、サーモン、マグロ、イワシなどの魚(ダメだったらフィッシュオイルなどサプリメントでも良し。番組ではサーモンとマグロはお刺身状態でした)。

カリフラワーやブロッコリー(脳によい。ハーバード大学推奨)。

ベリー類(抗酸化作用)。

アボカドなど(ビタミンE)。

糖類は玄米やオートミールから!

水(脱水予防)

カフェイン(紅茶でもコーヒーでも1日に3杯ぐらい)

ワイン(1日に1杯。特に赤がよい)

ワインの話で驚いたのが、1日に1杯飲んでいるヒトは痴呆になる率が半分ぐらいになるそうな。

そして、この女性、6週間続けているうちに、記憶力は21%向上、そして体重が21ポンド(9.45キロ)減ったのだそうです。もちろん、エクササイズもしていたのですが、私が見る限りランニングマシーンみたいなので歩いていただけだったような。
たぶん、食べ物の改善が大きかったのでしょうね。
顔つきもきりっとなって変わっていました。

実際の話、うちの父はもう75歳を超えたのですが、まだ現役で仕事をしています。それも毎朝、必ず、ブロッコリーのゆでたのを食べている!脳に良いんですってよぉ。
この本の編集をした女性が、「ブロッコリーとかカリフラワーとか形が脳に似てるわよね」と言って、司会者に華麗にスルーされてましたけれど(笑)。
うちもちょっと食卓に載せる回数を増やしてみようかと思っています。
ワインは、もう既に100歳まで生きた、と言うぐらいの量を飲んでいますので、これ以上飲む必要なしかなと思います(笑)。

スポンサーサイト

[PR] 台湾中国語翻訳

カテゴリ :身体のこと トラックバック(-) コメント(4)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
[New!] お知らせ
「身体のこと」というカテゴリーを作りました。

プロフィール

kaorinsydney

Author:kaorinsydney
フリーランスの医歯薬学専門翻訳者(英日&日英)です。シドニー在住。

Louie:2005年2月15日生まれ
Puggle(パグとジャックラッセルのクロス、ex♂)

Tammy:2005年8月29日生まれ(らしい)
ケルピーとsomethingのミックス、レスキュー出身(ex♀)

Ali:2007年10月19日生まれ
Puggle(パグとビーグルのクロス、ex♂)

最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2010/06 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

フリーエリア

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。