スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾中国語翻訳

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ルイ

 2008-11-18
ルイは私が世帯主になって飼った初めてのワンコです。
実家に暮らしていたときは、常にワンコかニャンコ、リス、カメ、ヘビ(!)がいるうちでした。
でも、自分が主体になって世話をするということは、一緒に住んでいると言うこととは全然違うんですね。

2008-11-10 032

うちの母は人間に対しては細かいことにうるさいのですが、動物たちに対しては寛容というか放任というか。でも、あまり大きな問題はなかったんです。
お風呂が嫌いで、半径50kmぐらいに響き渡るような声で泣き叫ぶ子もいましたけれど。

2008-11-10 034

ルイは噛む子でした。恐らく、それを条件付けたのは私たちです。
噛むとひるむということをまず一番に学んだのだと思います。
そしてそれに悩んだ飼い主によって、生後6ヵ月になるやすぐにトレーニングのため3週間のボーディングスクールに。

これは得策ではなかったかもと今では思っています。
普通は良いんですよ。でも、ルイの性格にはあわなかったのではと。楽しかったみたいですけれどね。マミー大好きっ子にとってはつらかったかも。
迎えに行ったとき、一瞬、私だとはわからず、数秒おいてからうれションをするぐらい大喜びしました。

ボーディングスクールから帰ってからは噛むことはなくなりました。今は、いやなことをされそうになると噛むそぶりをして歯を当てたりします。でも、噛まない。

2008-11-10 038

帰ってきて穏やかな日々が過ぎるようになりました。
ところが、1歳半ぐらいあたりから、私たちが外出すると泣くようになってしまいました。
そして、電話が鳴ったり、インターフォンがなったりすると大声を出すように。

元々、音に異様に神経質な私(笑)の影響をどーんと受けてしまったのだと思います。
そして、小さいときに、近所に犬が吠えるとFワードで怒りまくる方がすんでおりまして。何かされたら困るということで、家族全員で夜外出するときは獣医さんにあずけていたんです。

これ、いけなかったんですかね。彼は彼で、お友達と仲良くできる性格だし、獣医さんのところのスタッフが好きで、連れていくと振り向きもせずに勝手に犬舎に入っていくぐらいだったのですが。

2008-11-10 039

これが、ひどくなったのは、大ザルとタミーと散歩していて、勝手に走っていってしまい、1時間ほど行方不明になってからです。

あれからは、ゴミ捨てに行くだけでも吠えるようになりました。
散歩の帰りに牛乳を買おうと降りるだけでも吠える。今では、スーパーの駐車場にはいるだけで吠えます(笑)。
あ、車に3匹乗せてドアを閉めて車の後ろをぐるっと回って運転席に行くだけでも吠えます。
とにかく、彼を音に敏感にさせてしまったのは私。
彼を怖がらせたのは私たちです。

2008-11-10 042

外にでるときに足に噛みつくのは、先日、私が大激怒して泣きながら怒った性でそれ以来はなくなりました。吠える回数も5回ほど。私が視界から消えると吠えません。
これだけでもずいぶん良くなったんですよね。これでもう良いような気がします。

実は、彼の困った点というのはこれだけなんですよ。他にないの。
あ、夜中にトイレに行くというのもありますが(笑)。
他はすべて優等生です(と思っています)。

オフリーシュで歩かせることは、私を含めサルたちも怖くてできませんが、パークはオフリーシュで走り回ります。呼び戻しは完璧。戻ってこないアリを呼び戻しに行くぐらいですから。

2008-11-10 045

後は、私が彼よりも長生きすること。これだけですな。

実は、非常に見えにくくなってきました。
午後3時頃になると、モニターににじり寄る自分がいます。
厳密に計画を立てて、正確にその計画通りに仕事をするタイプ。
意地になっているともいえるかも。
だからか、疲労度が半端じゃないんですよ。

でもね、だらだらと(当社比)夕飯の後も仕事をしても、次の日に見直す手間が倍増するだけですから。
さいわい、この1年ほどで仕事の取引も一定してきて、私のスケジュールを元に元クラに交渉してくださる翻訳会社さんばかりになってきましたので、自分のペースで仕事ができるようになってきましたが。

でもねえ、眼がねえ。
忙しくてもワンズの散歩は自分で行くようにしているのですが、散歩に行く前に20分ほど休まないと動けない。2時間近くも休憩時間となってしまうのは痛いです。


[PR] 台湾中国語翻訳

カテゴリ :ルイタミアリ トラックバック(-) コメント(2)
コメント
まあ、人間でもそうですけど
完璧な子っていないですよね。

うちのきゅろすけもけっこう神経質なところがあって
それはやっぱりわしの影響大なんだろうなあと
申し訳ない気持ちがあります。
子犬のときにもうちょっとおおやらかに育ててやれなかったかなと。

まあ、子育てはなかなか難しいもんですね。
【2008/11/19 13:58】 | しげさん #- | [edit]
しげさん、

自分が完璧ではないのに、犬や子供に完璧を求めるって、ね(笑)。
きゅろちゃんも神経質なんですね。上の子の場合、親も神経質になりますからね。仕方ないかなあ。

【2008/11/19 14:18】 | kaorin #LkZag.iM | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
[New!] お知らせ
「身体のこと」というカテゴリーを作りました。

プロフィール

kaorinsydney

Author:kaorinsydney
フリーランスの医歯薬学専門翻訳者(英日&日英)です。シドニー在住。

Louie:2005年2月15日生まれ
Puggle(パグとジャックラッセルのクロス、ex♂)

Tammy:2005年8月29日生まれ(らしい)
ケルピーとsomethingのミックス、レスキュー出身(ex♀)

Ali:2007年10月19日生まれ
Puggle(パグとビーグルのクロス、ex♂)

最近の記事
最近のコメント
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

フリーエリア

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。