スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾中国語翻訳

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Good boy!!! Louis!

 2010-05-14
今日は1年に1回のルイの予防注射の日でした。
前日にこのシャンプーでシャンプーしました。

2010-05-14 004

獣医推奨のオートミールのシャンプーもダメ、日本の友人が持ってきてくれた敏感肌用のシャンプーもダメ、で困っていたところ、先日、古巣の町に行く予定があり、そこでお世話になっていたペットアクセサリーショップで勧められたハーブシャンプーを使用。
これは良かったです。全然かゆがらないし、被毛もソフト!

そして、検査の結果。体重は9.3キロ。小太りですって。飼い主が小太りですからね、仕方ないですね。
なんて行ってないでガンバロ!

そしてトラブルになるのがわかっているせいか、体温測定は省かれ(笑)。
問診で何か困ったことないと聞かれ、「うんこ食べます」というと、
それはノーマルよ、とのこと。
犬として当然のことをしているらしいです。
ただし、その口でなめられると困るけれどねって。
ノーマルの範囲がこちらは広いっすねえ。

2010-05-14 006

さ、いよいよ、予防注射(5種)とフィラリア予防の注射です。
先生が、お菓子をくれたのですがそれに見向きもせずぶるぶる震えているんです。本当にこんなこと初めてです。
先生、噛むかもしれませんから、と言うと、マズルカバーを使った方が良いかしら、と言うので、お願いしますと。

本当は、このマズルカバーを見た瞬間、暴れ出すのですが、あっという間に装着できました(ワタシが付けた)。先生と「あれ?」とか言っているうちに、この間に早く注射しなきゃと先生が頑張る。
あっけなく終了です。

ルイ、えらかったよ。5歳になって本当にえらくなった。
いつもだと、大暴れして診察台に立ち上がり、先生に背中を向けることなかったのですが、今回は、ぶるぶる震えながらもずっと我慢のルイでした。
マズルカバーを付けた鼻に私の鼻をくっつけるとぶるぶる震えながらも頑張ると言ってくれました。

もちろん、終わった後に、先生が診察台の上に点々と並べたお菓子を全て完食(笑)。
バカっママはもちろん、レジの隣に並んでいるチキンブレストのジャーキーをごほうびとして購入。小太りだと注意さればっかりなのにね。

2010-05-14 007

なぜ、予防注射を嫌がるようになったかを先生に説明しました。
以前、通っていた獣医さんで、ダニの疑いがあるとピンプリックテストをぐわーっと押さえつけて、見学のシドニー大学の学生さんに大声で説明しながら行ったこと。その後の診察でも、この子は「リトルテラー」だからとして扱われたこと。それに対して抵抗したことを非難されたこと(もちろん、ルイと飼い主のワタシが悪いのですが。でも、やはり人種的な問題も含まれていたように思う)。

今度の先生は、確かに押さえつけなければならないときはぐっと押さえつけます。でも、犬に対する態度が違うんですね。飼い主に対しても以前の先生と違う。疲れているんだからもう勘弁してくれよという態度ではないのです。

もちろん、普段のしつけが大事なのはわかっています。でもね、人間でも十分なケアをしないとこれから怖いことをされるかもと思っている人は、子供であれ大人であれ恐怖感を抱き、暴れることがあるんですよね。医療も、犬でも人間でも、色々とあるなと実感しました。

ま、そういう小難しい話は別として、良くやった!ルイ!
えらいよ、本当に!!!
ママと二人でお出かけ、とルンルンとしていたのに獣医さんでごめんね。エクストラのお菓子と二人でのビーチまでのお散歩で許してけろ。

[PR] 台湾中国語翻訳

カテゴリ :ルイタミアリ トラックバック(-) コメント(6)
コメント
kaorinさん、こんばんは。

ルイ君えらい!よく頑張った!

マズルカバーはつけませんが、でも想像できる姿がうちの王子にうりふたつです~。
王子は母の胸に顔を埋めて、我慢の子。そしてその横で私はげらげら笑っています。鬼か。でもかわいいので(にしても鬼)。

動物を見ていると、いつでも成長するので、人間だって実は大人とか子供とか、そんな境はないんだよな~と思います。

そして、バカっママ万歳!いーんです、家族くらいしか徹底してバカになれませんから♪

にしても過去の経緯がそりゃトラウマにもなるよ~と思わされて、獣医もっと繊細になれや!と巻き舌で怒りたくなります。
【2010/05/15 00:52】 | coco.。 #- | [edit]
coco.,さま、

王子様もそうなんですね。今度の先生は、初めて見てもらったときに、こういう子は小型犬に多いんだよ、とおっしゃっておりました。
お尻汁を噴射し、中身まででてしまったのですが、いやな顔一つせず、ワタシのお尻汁まみれになった白いトップス(白を着ていくなよ、ね!)の方をとても気にしてくださって。

でも、ほっとしました。この病院でまた「リトルテラー」とか「問題児」とかレッテル張られたらつらいなあって。

前の病院は大学の研修生の研修処もやっていて、地域ではわりと有名なところ。年中無休だし、預かりもしてくれるので便利だったんですよ。でも、労働条件が過酷なんでしょうね。先生も看護師さんもしょっちゅう顔ぶれが変わるし、いつも疲れた顔をしていて、うちのような暴れる子はみたくないという態度がありあり。

日本でもこちらでも医療の問題って色々言われていますが、やはり、心なくしては成り立たないですよね!
【2010/05/15 09:31】 | kaorin #LkZag.iM | [edit]
すごーい!!! ルイさん、大人な対応ですよぉ~ 尊敬!!!

いくら我慢強いワンコさんだって、ドクターの対応とか、その雰囲気とか
そういうので、イヤになる子だっていっぱいいるはず。
人間だってそうだと思うし。

私が良いなぁーと思うドクターは、ちゃんと体を触ってくれて、
いっぱい褒めてくれて、ワンコに説明しながら(今からお腹の音聴くよとか)
診察してくれる人なんですよね。
勿論、技術も大切ですけど、飼い主とペットが 安心できるドクター じゃないと、イヤなんです。

ルイさんを診てくれたドクター 良いドクターみたいですね。
いやぁ ルイさん頑張った。
私の分もいっぱい ヨシヨシナデナデ褒め褒め してください♪ 笑
【2010/05/15 11:07】 | 番チョー #- | [edit]
番チョーさま、

本当に本当に一歩前進(涙)。もうね、一生暴れん坊のままだと思っていたので、すごく感激です。

ちゃんと先生に背中を向けてお座りして。ウルウル、バクバクしていましたけれど。先生も、あれ?とか言ってました(笑)。
この間、スキンタグと歯石取りに行ったでしょ?あのときに色々とわかったのかもしれません。

>私が良いなぁーと思うドクターは、ちゃんと体を触ってくれて、
いっぱい褒めてくれて、ワンコに説明しながら(今からお腹の音聴くよとか) 診察してくれる人なんですよね。

そうです!そうです!!
パピーの頃にいた先生はまだいっぱい触ってくれていたんですが、赤ちゃんができて辞められたんですよ。
でも、皮膚のテストをした頃からどの先生(ホント、日替わりで変わる)もさわりもしない。恐らくカルテに「噛む」と書かれていたからだと思うのですが。

会社の社長さんでも病院の院長さんでも、マニュアル(カルテ)さえあれば誰が担当しても同じと思っている人が多いですけれど、顧客(患者)から見たら全然違う。いつも同じ担当(先生)がお世話してくれるというのは重要だと思います。

>いやぁ ルイさん頑張った。
私の分もいっぱい ヨシヨシナデナデ褒め褒め してください♪ 笑

ありがとうございます!番チョーさんの分もいっぱい褒めさせていただきます!


【2010/05/15 15:57】 | kaorin #LkZag.iM | [edit]
おぉ~!ルイ君お疲れ様でした!!
本当によく頑張りましたね~
エライ!スゴイ!カッコイイぞ!ルイ君♪
ブルブル震えながらも頑張るよと・・・の
ところを読んだとき涙が出ました。
そして注射が嫌いになった理由を読んで
すごく腹が立ちました。
ルイくんはとてもデリケートな子なのに怖い思いを
させられてトラウマになっていたんですね。
今度はいい先生にめぐり合えたようで本当に
良かった。
ゆっくり少しずつトラウマを克服できますように!
【2010/05/16 15:57】 | 2豆の局 #- | [edit]
お局様、

まぢ驚きました。ぶるぶる震えていたけれど、きっとこれから暴れるんだろうなと思っていたのにずっと先生に背中を向けて座っていて。

日本もそうだと思うのですが、獣医さんの競争も激しいですからね。以前に行ったところから未だに色々とお手紙が来ます。時には何かのバウチャーまで入ってたりして。
でもやっぱり、手紙とかバウチャーとかじゃなくって、声を聞いて欲しい。悩んでいる飼い主もいっぱいいると思うし、行くのがいやになってしまい、お金もかかるからと予防注射もしなくなる人もいるのではないかと、ふと極端なことを考えてしまいました。

一つクリアできた(かもしれない)ので、また次の課題に取り組みます!やる気が出てきたぞぉ!
【2010/05/16 17:16】 | kaorin #LkZag.iM | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
[New!] お知らせ
「身体のこと」というカテゴリーを作りました。

プロフィール

kaorinsydney

Author:kaorinsydney
フリーランスの医歯薬学専門翻訳者(英日&日英)です。シドニー在住。

Louie:2005年2月15日生まれ
Puggle(パグとジャックラッセルのクロス、ex♂)

Tammy:2005年8月29日生まれ(らしい)
ケルピーとsomethingのミックス、レスキュー出身(ex♀)

Ali:2007年10月19日生まれ
Puggle(パグとビーグルのクロス、ex♂)

最近の記事
最近のコメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

フリーエリア

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。